【消費者金融利用の注意点】

Pocket

いまの世の中お金が必要ならば、消費者金融を利用することで比較的簡単に借りることができます。
しかし、キャッシングやカードローンでレジャーや買い物を繰り返していると、お金に対する感覚が麻痺してしまう恐れも!?

なので、お金を借り入れる前には、自分なりの判断基準を持ち、無理のない利用を心がけましょう。
以下に、消費者金融を利用する際にチェックすべきポイントをまとめてみました。

消費者金融を利用する必要があるか

日々の生活の中で、突然の出費に遭遇することはけっこうあるものです。
また、せっかくの休日なんだから、思い切って買い物やレジャーを楽しみたい、というケースも少なくないでしょう。

突然の出費に対応したり、ふところ具合がさびしいときの資金調達方法として、消費者金融を利用することは有効な手段の一つであることは間違ありません。
消費者金融からの借り入れは通常、利用目的を問われませんし、何より融資実行までの時間がかからないため、特に早急にお金が必要な場合に適しています。

ただし、消費者金融の利用には、借り入れた金額をいつ・どのように返済するのかを、しっかりと考えておかなくてはなりません。

逆に言うと、返済計画を自分なりにしっかりと考えて理解しておくことで、消費者金融を金銭面での最大の味方にすることができるのです。

根本的なこととして、消費者金融を利用する前には、その出費が本当にいまスグに必要なものであるのかを判断することが重要です。
冠婚葬祭ならいざ知らず、買い物やレジャーであれば、給料日まで待てないか、あるいは別のことのための予算を流用できないか、などいろいろ考えることができるのでは?

そこまで考えて、もしどうしても早急にお金が必要であれば消費者金融を利用する、というのが賢く上手な利用方法でしょう。

消費者金融を利用することは簡単ですが、融資には金利が掛かることを忘れてはいけません。
借り入れる金額にもよりますし、短期間であれば金額的にはさほど大きな数字にならないでしょうが、それでも積み重なればやはり馬鹿にできないものになる可能性があります。

そういったことを考慮すれば、消費者金融を上手に利用するには、お金の使いどころをしっかりと見極める能力が欠かせないものだと言えるでしょう。

消費者金融から借りたお金を返済できるのか

消費者金融は、個人が一時的に、自分の手持ち以上の金額を調達するのに非常に便利な手段であると言えるでしょう。
消費者金融からの融資を上手に利用できれば、自分が所持しているお金ではスグには成し遂げられないことを、時間的に有効に処理することができることは間違いありません。

具体的には、

次の給料が出るのを待っていたら売り切れちゃう・・・
きょう買って、次のデートに着て行きたい・・・
急な不幸で香典が必要、でも手持ちが・・・

などの場合、お金を借りて処理すれば、すぐに解決できると言うことです。

しかしその一方で、消費者金融の利用には、自ら注意しておかなければならない点も存在します。
そして、そのポイントに気付き、行動できるか否かによって、その人が消費者金融を上手に利用できるかどうかが判断されることになります。

消費者金融を利用していく上で最も重要なこと、それは返済計画です。

借りたお金の返済が終わらない内は、日々利息が発生するため、より返済が困難になってしまうという悪循環に陥ってしまう可能性があります。
そうしたことを未然に防ぐためには、融資を受ける前にできる限り具体的な返済計画を頭の中で描いておき、かつ実行することが重要です。

そもそも、消費者金融を利用できるということは、何らかの手段で定期的に収入を得ているということです。
それならば、得られる収入からいつ・いくらなら返済できるのか、を計算することは難しくないはずです。

そうした返済計画を立てておけば、一切の不安なしで借り入れすることができるでしょう。
また、そういった形で借り入れ・返済を繰り返すことで信頼を得ることができれば、融資する側も、より良い条件での貸し出しを行ってくれる可能性もあるのです。

同時に複数の借り入れがあるか・ないか

多重債務に悩む人
「借りたものは返す」・・・これは、一般的に常識だと思われていることです。
そして、約束した期日までに決められた金額を返済することは、融資を受けるための最低限の取り決めであることは言うまでもありません。
事前にこの約束がなされなければ、おそらく融資してくれる会社はひとつもないでしょう。

そんな中で、同じ金額のお金のを借りるにしても、一社から融資を受けるのと複数者から融資を受けるのかによって、最終的に借り手が負う負担は大きく変わってきます。
できるだけ少ない負担で消費者金融を利用するコツのひとつに、同時に複数の消費者金融から借り入れしないということがあります。

実は、複数の消費者金融から借り入れすれば、一社からよりも多くの融資を受けることができる可能性があります。
しかし同時に、複数の金銭取引を同時に管理することは、自分自身の大きな負担になってしまうことになるのです。

多くの場合、お金を借り入れるときには、使うことだけを考えているので、重複した借金も気にならないかもしれませんが、返済の段階では、複数者からの借り入れがあると返済期日もバラバラ、返済金額もバラバラと、どの金融会社にいつまでに、いくら返済しなければならないか、を管理することは大変面倒です。

事実、重複した借金がある人のために、借換ローンやおまとめローンなる融資商品まであるくらいですから、やはり複数社から借り入れている状態というのは、利用者にとって好ましくない状況であるという証明になるのではないでしょうか。

現在では法律が改正され、消費者金融からの融資金額は自身の年収の1/3以下に制限される、と定められていますが、これも借金の重複によって首が回らなくなる人が増えたために、それを防止することを目的に制定された規制項目なのです。

どうしても借り入れが重なってしまう場合には、現在融資を受けている金融会社に、現状可能な範囲で新たな借り入れについて相談するのがよいでしょう。

【消費者金融利用の注意点】

誰でも、必要なときに簡単・便利に使えるキャッシングやカードローンといったサービス。
上手に利用すれば、心強い味方にすることができます。

が、無節操に利用してしまえば過剰債務に陥ってしまう恐れも!?

お金を借り入れる前には、自分なりの判断基準を持ち、無理のない利用を心がけましょう。
以下に、消費者金融を利用する際にチェックすべきポイントをまとめてみました。

借入額は自分にとって適切か

いま現在、自分の手持ちだけではどうにもならないことを、消費者金融のキャッシングやカードローンを利用することによって、すぐに実現可能にすることができます。
しかし、そのためにそれらの金融サービスを利用することで、金銭感覚が麻痺してしまう人も少なくありません。

中には、消費者金融を利用することで、収入が増えたと勘違いしているが如くお金の使い方が荒くなってしまう人もおり、そういった考えを持ってしまう人の多くは、その後返済に窮してしまうという事実があります。

なので、消費者金融を利用する際には、自分にとって適切な金額の把握が重要です。

具体的には、自分の月収(年収)はいくらで、借りたお金を返済するためにはどれくらいの時間(期間)がかかり、どの程度の金利負担があるのか、などをしっかりと考える必要があります。

そういったことを事前に把握することができる人は、消費者金融を有益に利用できることこそあれ、決して自分の負担になってしまうということはないでしょう。

言い方を変えれば、消費者金融はお金を貸してくれる機関である、という考えではなくて、むしろ融資を受けた金額をどのようにして返済していくのか、ということを先に考えて利用することで、消費者金融を最大の味方につけることができるということです。

契約書の内容はどうなっているか

現在では、消費者金融から融資を受けるための手続きは、非常に簡単になっています。
インターネットから、あるいは無人契約機で、もちろん店舗に出向いてもOK、といった具合に、さまざまな方法で借り入れできるようになっています。

その一方で、どんなに手続きが便利になったと言っても、消費者金融の利用には、専門的な取り決めが必要です。

消費者金融から融資を受ける際には、借り入れ内容を書面にした契約書が発行されます。
契約書に署名する人
お金を借りるための契約は金銭消費貸借契約書といい、当然のことながら契約書に署名するということは、そこに書いてあることに同意したと言うことになります。
そのため、契約書は、しっかりと自分自身の目で内容を確認し、

・借り入れ金額
・借入利率
・借入期間・返済期日
・毎月の返済額
・遅延損害金の利率
・その他手数料などについて

などについて理解しておくことが必要です。

契約内容を理解したうえで、自分が実行できる内容だと判断した上で融資を受けることが、安心・上手な消費者金融の利用方法だと思います。
契約書が発行されないなどは論外ですが、万が一必要事項が記載されていなかったり、年利20%を超える金利を謳っているような内容ならば、その金融業者は違法に営業している可能性が高いので、絶対に借り入れしてはいけません。

また、完済した際には、必ず契約書を返還してもらってください。
自分の借入状況が把握できますし、万が一、後日トラブルになった場合の証拠となるのでため、必ず保存しておきましょう。

消費者金融には様々な人に向けたプランがある

消費者金融が、銀行や信金などの金融機関と決定的に違う点は、より多くの人が利用することができるような融資プランを持っている、というところでしょう。

一般に、金融機関から融資を受けるという場合には、社会的に高い信用があるか・・・具体的には勤務先や収入額などを評価されることになります。
そして、金融機関側の評価基準に満たなければ、お金を借りることはできません。

しかし、消費者金融では、もちろん審査はありますが、社会的信用を得にくい主婦や学生などでも、条件次第では融資を受けることができる、といったプランを展開をしているところが多いです。

ただ、主婦や学生というような人たちは、パートやアルバイトによって給与を得ることができたとしても、多くの場合その収入額がサラリーマンほど多くなることはありません。
そのため、返済期間を長めにとるなどして、収入の少ない人であっても問題なく返済できるようなプランを展開しているのです。

あるいは、収入がある程度ある場合でも、安定性という面で金融審査の通過が難しいといわれている自営業者の手助けになるようなプランなども、銀行系金融機関にはないプランとして利便性が高く人気の高い取り組みだといえるでしょう。

消費者金融では、こうした様々な属性の人たちにマッチしたプランが準備されていることが、大きなメリットであると思います。

なので、キャッシングやカードローンを申し込む際には、事前に自分の属性にマッチしたサービスを展開している金融会社を判別することが大切です。

【キャッシングの便利さだけに頼らない】

いまや、消費者金融は金融機関として、完全に市民権を得ていると言ってよいでしょう。
そんな消費者金融のイメージや歴史を変えた立役者がインターネットです。
スマホを操作する人
インターネットが普及して、すべての金融システムのIT化が進んだため、審査や貸し出し、返済について効率的な事業の運営が可能になったことは紛れもない事実です。

以前は、融資を受けるためにわざわざ消費者金融会社の店舗に足を運び、申し込み→審査→貸し出し、といった手順を踏まなければならなかったのが、現在ではWEBで完結してしまうのですから、便利さという面ではその差は歴然です。

事実、以前はお金を借りるために金融会社の店舗に入るところを知人に見られるのを嫌がったり、お金を借りること自体に緊張したり後ろめたさを感じる人が多く、これが消費者金融利用の足かせになっていました。
それが現在では、申し込みはもちろん、審査結果の受領、さらには借り入れまでと、融資手続きのすべてをWEBシステムを活用して行えるようになったことで、利用のハードルは著しく下がったのです。

また、個人の借り入れ状況や返済状況についてもWEB上で管理できるので、返済期日や金額の把握にも大変役立っています。

さらにスマートホンの普及により、いつなんどき・どこにいてもWEBを利用することができる環境が整ったため、利便性は高まるばかりです。

デメリットもしっかり把握する

消費者金融を利用することによって、急な入り用やおサイフがピンチになったとき、その場を乗り切ることができるのは事実です。
消費者金融の融資は、手続きが簡単でかつ迅速なので、特に時間的な制限があるときの借り入れでは、ほかに類を見ないほど便利だと言ってよいでしょう。

しかし、ここで借りたお金は紛れもない自分自身の借金だということを忘れてはいけません。

当然ながら、借りたお金は金利を加えて返済する必要があります。

ピンチのときには、借りることばかり考えて、返済についてまで頭がまわらないことがほとんどだと思いますが、本当は借入金の返済について考えてから融資を受けなければなりません。

現在では確かに、法律の改正などによって、消費者金融の利率は下がっていますが、それでも年間20%程度の金利がかかります。
これでは、毎月の利息だけでもかなりの額になり、返済が長くなればなる程、負担が大きくなってしまいます。

キャッシングやカードローンは、あらかじめ決められている金額の枠内であれば、何度でも借り入れ・返済できるようになっており、インターネットを利用すれば手続きが簡易に終わることと相まって、とても便利な反面、借金地獄に陥ってしまうリスクが存在します

利便性が高いというメリットがある一方で、借金依存リスクというデメリットを抱えているということも覚えておきましょう。

そして万が一、抜き差しならぬ事情で借金の返済が困難になったなら、泥沼にはまる前に早めに専門家に相談することが大切です。

その際、弁護士や司法書士などにツテがない、あるいは相談するには敷居が高すぎると感じるなら、とりあえず下記のような無料で利用できる借金シミュレーターで、自分の現状を把握してみることをオススメします。

→トップページでは、借金の時効とお悩みの解決策について詳しくお伝えしています。

Pocket